MIME タイプの編集

MIME タイプの編集 – 変更する方法

MIME タイプの編集

MIME_Type を使用すると、既存の MIME タイプを編集したり新しいタイプを作成したりすることが可能となります。 これは、ただ単に MIME_Type の新しいインスタンスを作成するだけのことです。 パラメータとして必要なのは MIME タイプを表す文字列だけです。 新しいタイプを作成する場合はパラメータを指定しません。

メディアタイプ (スラッシュより前の部分) を設定あるいは取得するには、 このオブジェクトのプロパティ $media を使用します。 同様に、サブタイプについてはプロパティ $subType を使用します。

MIME タイプの編集を終えた後は、get() を使用すると、その MIME 型の文字列表現を取得できます。

パラメータの扱い

パラメータを取得するには、プロパティ $parameters を使用します。もしパラメータが存在する場合、これは MIME_Type_Parameter オブジェクトの配列となります。

パラメータを削除するには、そのパラメータの名前を指定して removeParameter() をコールします。

パラメータを追加するには addParameter() を使用します。パラメータとして $name$value、そしてオプションで $comment を指定します。

もう一度言います。 MIME タイプの編集を終えた後は、get() を使用すると、その MIME 型の文字列表現を取得できます。

パラメータを扱うための三つの静的メソッドを紹介します。

  • hasParameters() は、指定した MIME タイプ文字列にパラメータが含まれるかどうかを調べます。

  • getParameters() は、 指定したタイプ文字列にパラメータが含まれる場合に MIME_Type_Parameter オブジェクトの配列を返します。

  • stripParameters() は、 指定したタイプ文字列からすべてのパラメータとコメントを削除します。

レンタルサーバー