導入

導入 – 汎用的なツリー操作。現在サポートしているデータソースは DB および XML

Structures_Tree Description

DB あるいは XML ファイルに保存されたツリーを読み込んで操作するためのメソッドを提供します。 ツリーは入れ子状で DB に保存することができます。 あるいは単純なツリー形式 ('brain dead method') で保存することもできます。これは 親ID のような構造で使用します。 現在、XML のデータはファイルから読み込んでアクセスするしかできません。 このパッケージには、ツリーにアクセスしたり操作したりするためのさまざまなメソッドが用意されています。 たとえば getRoot、getChild[ren[Ids]]、getParent[s[Ids]]、getPath[ById] など、その他にもたくさんあります。

残念ながら、完全なドキュメントはまだありません。

レンタルサーバー