PEAR_Size の再利用

PEAR_Size の再利用 – 自作のアプリケーションへの組み込み

PEAR_Size の再利用

PEAR_Size は、いくつかのコアクラスとその補助クラス群で構成されています。 最も重要なのは PEAR_Size クラスで、 データの収集と出力用レポートの作成 (それぞれ analyse() メソッドおよび generateReport() メソッドを使用します) を行います。レポートの形式は setOutputDriver() メソッドで指定します。

コマンドラインのスクリプトで PEAR_Size を使用したい場合は PEAR_Size_CLI クラスを使用するといいでしょう。 run() でパースを実行し、オプションはコマンドプロンプトで指定します。

レンタルサーバー